ガンプラとブログでストレス発散 > 過去ログページ
最新記事一覧

HGUC バンシィ・ノルン ユニコーンガンダム2号機製作その3

HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン 引き続き製作内容をご紹介します。




バックパックは分割されているパーツに、内部部品を挟み込む形になります。

バック分割図


アームドアーマーxc接続部分

先ほど作成したバックパックに、この団扇のようなパーツを接続します。

AMD制作


更に、このウィングのようなパーツをアームド・アーマーxcに接続。

ちなみに溝のある内側には金色のホイルシールを貼ります。

私はあまりシールを貼らないので、取り合えずこのままで放置。

AMDシール


アームド・アーマーxcが完成しました。
中央部のパーツは、分割し展開が可能。

このパーツはすべて金色のホイルシールを貼ります。

AMD展開


組み立てたパーツを接続するとこんな感じになります。

黄色いまる部分はゲート跡です。一応ニッパーを使用しておりますが
私の技術不足のせいでこのように白化しております。

白化


記事更新時 id.fc2.com error がブラウザに表示されます。
FC2のサーバーの調子が悪いのか、データのアップ時にエラーが起きるため
今日の作業はここで中断します。


続きはまた次回。

ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ








posted by 鉄塔 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | HGUCバンシィ・ノルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 発売日等が決定 ガンプラ情報

RG デスティニーガンダムの発売日やテストショット、パッケージ画像が公開されました。


パッケージは、今までのRGシリーズと共通のパッケージデザインです。

デスティニーガンダムってピエロっぽい顔してるな。

パッケージ


アドバンスドモビルスーツジョイント

RG フリーダム、ジャスティスと同様のフレームを使用しているそうです。

AMJ


こちらは付属する武器一覧

劇中で使用されたアロンダイト、ビームブーメラン、高威力長射程ビーム砲などが付属します。

武器一覧


アドバンスドモビルスーツジョイントのおかげで
アロンダイトビームソードや高威力長射程ビーム砲を構えるような複雑なポーズも難なくこなします。

ポーズ状態


リアルスティックデカールです。ビームシールドは青いシールで再現となります。
ここはPET素材で再現してほしかったところ。

銀色のシールが多いですが、これパーツの角に合わせて張ると密着せず
すぐに剥がれてくるから、もう少し接着力をあげてもらいたいところ。

デカール


以上となります。

発売予定日は2013年4月27日(土)です。

注目記事



ご覧いただきありがとうございました。



下矢印1RG デスティニーガンダムを購入したくなったら以下のリンクからどうぞ下矢印1

楽天市場で購入する Amazonで購入する



にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HGUC バンシィ・ノルン ユニコーンガンダム2号機製作その2

HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン 製作 第2回目です。

今日は上半身の一部を組み立てました。



胸部分からです。

裏側にボールジョイント用ポリキャップと、頭部接続パーツをはめるだけで終了です。

胸部制作


こちらは背中側のパーツです。左右に飛び出した棒状のパーツに腕が付きます。

背中パーツ


襟のパーツはこのようにメタリックイエローで成型されております。

襟元制作


襟パーツをはめてみました。

襟接続


ボディ全体が黒いため、ゲート跡が目立ちます。(黄色まる)

ゲート跡


非常にシンプルなパーツ構成になっているため
組み立てやすい半面、黒主体のデザインが災いしゲート跡が目立ってしまうため
無塗装派には難易度が高めです。


続きはまた次回。
ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | HGUCバンシィ・ノルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG Zガンダム アクションベース2 接続方法

機動戦士Zガンダムは地球に比べて宇宙空間での戦闘シーンが多いため
RG Zガンダムを購入した私はアクションベース2を使ってポーズをとらせたいと思い
説明書を見たものの、取り付け方法がいまいち分かりませんでした。


試行錯誤の結果、なんとか取り付けることができたので、
もしやり方が分からないという場合は、参考にしていただければと思います。


まずはキットに付属の接続パーツを用意します。

ジョイント


取り付けやすいようにテールスタビライザーを展開しておきます。

テールスタビ


黄色まる部分のパーツが隙間無く密着するように調節します。

パーツ隙間

本体にしっかりと差し込みます。
結構硬いので、ちからを入れすぎてパーツが破損しないように気をつけましょう。

差し込む


黄色まる部分。接続用の爪は背中側にささります。

接続済状態


本体をアクションベースに取り付けて完成です。

アクションベース取付


あとはお好みのポーズをつけて飾ればバッチリですね。
ジョイント部品が干渉するため、テールスラビライザーは少し上に持ち上げておくとよいでしょう。

アクションベース接続後



最後までご覧いただきありがとうございました。



アクションベース2を使ってガンプラを飾りたくなったら以下をクリック

楽天で購入する Amazonで購入する

RG Zガンダムを作りたくなったら以下をクリック

楽天市場で購入する Amazonで購入する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






RG デスティニーガンダム テストショット画像 ガンプラ情報

RG デスティニーガンダムのテストショット画像がAmazonと楽天ショップで公開されました。


RG Zガンダムにおまけで付いていた冊子に開発画稿に比べると
目つきが鋭くシャープになり精悍な表情になっている他、
各パーツの色分けも完璧に再現されるため、塗装しなくても問題なし。
プロポーションも脚の長さを中心に、大きく変更されております。

MG版は白パーツがグレーに近い色だとあるサイトで読んだのですが、
今回はホワイトにまとめられ、主人公機?の印象ですね。

アクション面では、アドバンスドモビルスーツジョイントを使用することにより、
既存シリーズには無いくらいの可動範囲を実現しております。


テストショット

それにしてもゴットガンダムにしか見えない。




にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HGUC バンシィ・ノルン ユニコーンガンダム2号機製作 その1

HGUC ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルンを購入してきました。

製作記録

名前が長いのでHGUC バンシィ・ノルンの方がいいのかな


本当は、一昨日購入済だったんですが、よく見たら2011年に発売した
旧バンシィだったので、本日差額を支払って交換してもらいました。



パッケージ

パッケージ


ランナーの数はそれほど多くありません。黄色部分は殆どシールで補うようですね。

ランナー


明日から本格的に組み立てていきます。



私がガンプラを作り始めたのはもう20年以上前は、パッケージ絵はかっこいいけど
組み立てるとダサいというキットが多かったのですが
今はパッケージ、完成品どちらもかっこいいキットばかりで助かります。

当時から改造テクニックなんてまったく無かったので、
コミックボンボンに掲載される改造キットにあこがれておりました。
あの時と比べるとガンプラの開発技術って本当に上がっているんですね。
やっぱり3DCADの導入が大きいのかな。


ご覧いただきありがとうございました。



下矢印1HGUC バンシィ・ノルンを購入したくなったら以下からどうぞ下矢印1

楽天市場で購入する Amazonで購入する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 22:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | HGUCバンシィ・ノルン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MG ZガンダムとRG Zガンダム ガンプラ比較6

MG RG Zガンダム比較の続きです。


Zの特徴であるフライングアーマーですが、
ここは両バージョン見た目も取り付けもほぼ同じといってよいのですが、
リアルグレード版のほうが設定に忠実な色分けがなされています。


テールスタビライザー上部とフライングアーマーが接続されるため、ぐらつくことはありません。
やっぱり脚が長すぎる・・・

MGZ


こちらはRG

接続方法はMG版とほぼ同じですが、フライングアーマー先端が鋭くなっています。

RGZ


MG ウィング展開
ウェーブライダー変形時に使用するウィングを展開してみました。
フライングアーマーの角度の問題もありますが、結構上までせり上がります。

ウィングは赤一色です。

MGウィング>


RG

展開されたウィングに注目してください。

MG Zガンダムでも再現されなかったウィング部の赤黒色分けも再現されているのと
各所に細かいモールドが追加されているのが分かります。

RGウィング


一見するとRG版のほうがよい印象ですが、一部に1/144ゆえの欠点があります。(黄色丸部分)


このように、ウェーブライダー変形時に使用するロックピンがむき出しのまま。
後ろからみると結構目立つんですよね〜。


また、ハイパーメガランチャーも付属しません。
HGUCから持ってくる人も多いみたいですが、無加工で取り付けることはできないので注意。

ピン


ウェーブライダー形態の比較も行いたいのですが、破損の恐れがあるため省略しております。
申し訳ありません。


どちらも変形機構を持つため、複雑なキットになりがちですが
複雑がゆえに、うまく組み立てられたときは自分の技術がアップしたという実感がもてます。


特に、RG版は一部にアンダーゲートが取り入れられており、
ゲート後が残りにくい仕様になっている点も見逃せん増せん。
どちらのキットもバンダイの持つ最先端技術に触れることもできますので、
興味のある方はぜに購入してみてください。


比較は以上です。

ご覧いただきありがとうございました。




MG Zガンダム Ver 2.0を購入したくなったら以下からどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する

RG Zガンダムを購入したくなったら以下からどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する



にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | MG Z RG Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MG Zガンダムと RG Zガンダム ガンプラ 比較5

MG RG Zガンダム比較の続きです。


基本的な変形機構は同じなのですが、スムーズな変形と可動を両立させるために若干のアレンジがあります。
特にリアルグレードは1/144サイズでの完全変形にこだわっているため、
デザイン的に無理をしているような箇所がいくつかあります。


それでは順番に見ていきましょう。


MG版
メイン、サブカメラどちらもシールで色再現になります。

なんとなくあぶない刑事に出演していた当時の館ひろしと似ている気がする。
画質が悪くてすみません。

MG顔




RG版
カメラ部は青のクリアパーツで再現されているため、ツインアイにシールを貼るだけで
設定どおりの配色になります。

MGに比べて小顔になっており、かっこいいです。
ちなみにどちらも頭部は合わせ目ができないパーツ分割構成になっております。

RG顔




腕 MGから

MG肘


こちらはRG
金色のリアルスティックデカールが貼ってある肘関節に注目してください。
ここはなんと、設定画同様丸いヒンジが再現されており
半組み立て状態のアドバンスドモビルスーツジョイントで作られております。

RG肘


つづいて上部を確認
MG版の肩は隙間が殆どないのですが・・・

MG上部


RGはこのように隙間だらけです。
これはウェーブライダー変形時に、胸部パーツを背中に密着させることで隙間をなくす構造になっているためです。

RG上部


もう一つ気になるのが、
この股関節(赤丸部分)。とにかくスカスカなんです。

RG隙間


MG RGともに大まかな構造なのですが
1/144サイズによるウェーブライダーへの完全変形を実現するために
パーツの強度や設計に苦労している印象がありますね。
それでも十分かっこいいのでおススメできるキットです。


次回は、フライングアーマーなどの違いを取り上げたいと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。




にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | MG Z RG Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 光の翼 ガンプラ情報

RG デスティニーガンダムと光の翼の完成品画像がネットに公開されました。

リアルグレード特有のモールドが多数存在し、色分けも完璧のようです。


2013年4月5日追記

最新情報


大きなウィング内に小ウィングが組み込まれており、左右合計10本のウィングが稼動することから、
光の翼は一体成型ではなく分割されている?様子。


MG エクストリームブラストモードバージョンの光の翼は、
水面に油を浮かせた時のような、光の当たり具合によって色が変化する塗装方法でしたが、

RG版の光の翼は、
クリアピンクのパーツに塗装で、グラデーションを表現しているような印象を受けます。

また一部では光の翼の他に、専用スタンドが付くという情報も。


価格は1,575円(税込)とのことです。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MG ZガンダムとRG Zガンダム ガンプラ 比較4

今回はZガンダムの比較です。


ガンプラの中でもZガンダムはかなりの人気があると思いますが、
シリーズごとにプロポーションが大きく異なります。


私はこのZが一番好きなモビルスーツで、
中でも太ももからつま先までのデザインが気に入っております。


MG Ver1.0も購入したことがあるのですが、
アニメ設定画に対し、丸みを帯びたデザインで脚もかっこ悪くアレンジされてしまったスタイルに
がっかりした覚えがあります。


そんなこんなで2005年末に登場した2.0は完璧とまでは行かないにしても
アニメスタイル基準のフォルムで登場しました。


欲を言えば、もう少しフロントアーマーを大型化し太ももを太くしてほしかったです。
自分で改造すればいいのですが、そんな技術も無いので我慢しております。


前置きが長くなりましたが、MG ZガンダムとRG Zガンダムの比較に入ります。


どちらも無塗装で完璧に近い色分けと可動を実現していますが、細部が異なります。


MG Zガンダムは脚が長すぎるわりに細いのが気になりますね。
RG と比べてビームライフルの位置が大きく違う他、シールドの形状や、パーツ分割方法も違います。

MGRGパーツ


サイドビュー
MG版は自立が難しいです。

左

右


MG Ver2.0はVer1.0に比べてアニメーションイメージに近づきましたが、
それでもほっそりしすぎてまだまだといったところ。


両足の黄色ダクトは別パーツで色分けされていますが、
RGはシールで対応となります。


RG版は1/144での完全変形を実現したすばらしいキットですが、
各部に隙間が多く存在しています。 次回で詳しくレビューしますね。


ご覧いただきありがとうございました。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | MG Z RG Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。