ガンプラとブログでストレス発散 > RG GP01詳細レビュー
最新記事一覧

RG GP01詳細レビュー

RG GP01の詳細が発表されました。


試作品から大きな変更点はありませんが、
ホビーショーではあまり触れられていなかったコアブロックシステムの詳細と、
RGシリーズの特徴でもある、アドバンスドモビルスーツジョイントの概要もお届けしたいと思います。


まずはRG GP01のパッケージから
ノーマル版、フルバーニアンどちらも同じように見えますが、
シールドの有無とフルバーニアンの顔の角度の違いがあります。

RGGP01パッケージ


RG GP01を正面から
胸部センサーや膝の赤い部分はデカールでの色分けとなりますが色分けは完璧なようですね。
今回はモールドもそれほど無いのと、RGシリーズでお約束だったツートンカラーを廃止し
白一色となった外装はシンプルな印象ですが、嫌味がなくこちらの方が評価できます。

RGGP01正面ポーズ


キット化にあたりRX-78ガンダムの後継機であるという設定を忠実に再現するために
RG版ガンダムのアドヴァンスドモビルスーツジョイントを進化させた
「アドヴァンスドモビルスーツジョイント5」を取り入れているおかげで可動範囲も大幅にアップしている他、
成型色を二色にすることで、より精密感がでているのも確認できます。


このフレームどこかで見たことある。と思った方は鋭いです。
実はこれ、去年発売したRGガンダムMK-2のフレームをベースに、
コアファイターの収納ギミックなどを新たに盛り込み、RG GP01用に再設計されたものなのです。
腕なんか良く見ると、まんまMK-2と同じことがわかります。

RGGP01アドバンスドモビルスーツジョイント5


GP01最大の特徴であるコアブロックシステムは機体中央より前後に折りたたむことにより
水平状態を保ちつつ、モビルスーツ本体へスムーズに収納することに成功しました。
変形だけではなく、バーニアやウィングなどの細かいパーツも動かすことができます。


キャノピーはクリアパーツ製ですが、フレームの色分けはできていないみたいですね。


GP01フルバーニアンのコアファイターは
バックパックとコアファイターの接続部に違いがありますが、ノーマルGP01同様の収納方法を取り入れている他、
バーニアをフレキシブルに稼動させることで、各部への干渉を少なくする工夫が見られます。

RGGP01コアブロックシステムとコアファイター


メイン・サブカメラなどに使用する、おなじみのリアルスティックデカールももちろん付属
肘部分は金属質のデカールに文字がプリントされているようです。

RGGP01リアルスティックデカール



アドヴァンスドモビルスーツジョイント5を使用することにより劇中シーンの再現も可能に!!
ビームサーベルを構えるポーズは旧キットのパッケージで使用されていたような気が・・・・
立膝でビームライフルを撃つポーズを取れるキットは中々無いのでこれは嬉しいですね


フルバーニアンも背中のブースターを自由に動かすことができるため、大胆なポーズも可能なようです

RGGP01可動ポーズ


RGガンダムGP01の精密なディテールを再現したメカニカル詳細
コックピットの開閉はもちろん、二重関節によりスムーズに可動する肘や膝。
バックパックもエンジン部分を持ち上げることで内部構造を楽しむことができます。


フルバーニアンは宇宙での使用を感じさせる背中や肩のバーニア、スラスターノズルなどが特徴です。
また、胸部も地上使用とは異なり専用のパーツとなります。

RGGP01レビュー


発売日は7月31日


RG GP01の価格確認、予約は以下のリンクからどうぞ

楽天市場で予約する Amazonで予約する


RG フルバーニアンの価格確認、予約は以下のリンクからどうぞ

楽天市場で予約する Amazonで予約する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ




posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGGP01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。