ガンプラとブログでストレス発散 > RGデスティニーガンダム
最新記事一覧

RGデスティニーガンダムディアクティブモード情報

1/144 RG デスティニーガンダム ディアクティブモードの予約がプレミアムバンダイで開始されています。

以前発売したデスティニーガンダムの色変えキットなので、
中身は変更されていませんが、成型色が設定画同様のグレーに変わっているため、
落ち着いた印象を受けます。


ZGMF-X42S デスティニー
ZGMF-X666S レジェンド
どちらも従来のものを遙かに上回る性能を持った最新鋭の機体だ。
詳細は後ほど見てもらうが、恐らくはこれがこれからの戦いの主役になるだろう


のシーンが思い浮かぶディアクティブモード
セル画ではこんな感じですが・・・

デスティニーディアクティブモードセル画


キットもアニメの雰囲気が出ていてカッコいいです。
ツインアイは灰色のような気がしたのですが、こちらは緑色。
今後変更されないのかな?

RGデスティニーディアクティブモード正面


RGならではの文句なしの可動範囲です。
特に塗装やスミ入れも施されていない状態でこの完成度はさすがですね。

RGデスティニーディアクティブモードアクションシーン


以下は付属品です。

  • ビームライフル
  • ビームサーベル
  • ビームブーメラン
  • アロンダイトビームソード
  • 高エネルギー長射程ビーム砲
  • ビームシールド

あと、シン・アスカのフィギュアが付くと思います。


通常のデスティニーガンダムを持っている人には、
それほど、嬉しいアイテムではないのではないかというのが個人的な感想ですが、
まだデスティニー未購入でディアクティブモードが好きだっていう方にはぴったりのアイテムではないでしょうか?


この商品はプレミアムバンダイ限定商品です。


発送時期、価格などの詳細を知りたい方は、以下のプレミアムバンダイからどうぞ

RG 1/144 デスティニーガンダム ディアクティブモード


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ







posted by 鉄塔 at 06:29 | Comment(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RGデスティニーガンダムディアクティブモード正式発表!!

だいぶ久々の更新です。
以前ブログで紹介したデスティニーガンダムディアクティブモードの発売が9月に決定しました。
※店頭やネットショップでの販売ではなくプレミアムバンダイのみの限定発売です。※


もともとほぼ完璧な色分けができているRGシリーズなので
ディアクティブモードの白黒ボディーもきちんと再現されています。


ホビーショーに展示されていた試作品とまったく同じものかと思ったのですが、
色付きパーツだったビームシールド発生器、アロンダイトビームソードなども
白黒に変更されているのが確認できますね。


RGデスティニーガンダムの色代えキットのため、
可動や組立て方法はディアクティブモードになっても変わりませんが、
ボディーカラーが変更されただけで一味違った雰囲気味わえるのには驚いてしまいます。


事態を見かねて、遂に私はとんでもないことを始めてしまってね。
また話したいこともあるが、まずは見てくれたまえ。
もう先ほどから、目もそちらにばかりいってしまっているだろう


ということでデスティニーガンダムディアクティブモードの写真をご覧ください


付属のリアルスティックデカールに変更はありません。

RGデスティニーガンダムディアクティブモード正面図


アロンダイトの色が変更されているのがわかるでしょうか?

RGデスティニーガンダムディアクティブモード背面図


このアングルが個人的に一番気に入っています。
デスティニーがもつ不気味さをよくあらわしていますね。
「ちゃーらーらーらー、ちゃーらーらーらー」あのBGMが聞こえてきそうです。

RGデスティニーガンダムディアクティブモードあおり図


モノクロ加工したんじゃありませんよー

RGデスティニーガンダムディアクティブモード飛行ポーズ


ディアクティブモードで武器を振り回すことってあるのかどうかはわかりませんが、
RGなので良く動きます。

RGデスティニーガンダムディアクティブモードアロンダイト


プレバン限定商品のため定価販売+送料で若干の割高感はありますが、
本来のデスティニーガンダムに比べて落ち着いた印象を与えるディアクティブモード。
ちょっと間違えばお葬式モードですが、ガンダムSEEDDESTINYファンはコレクションにはもってこいかも


価格などの詳細を知りたい方は以下のプレミアムバンダイからどうぞ

RG 1/144 デスティニーガンダム ディアクティブモード


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ




posted by 鉄塔 at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム ディアクティブモードが発売!?

RG デスティニーガンダム ディアクティブモードの発売企画があるそうです。


ディアクティブモードについて知識が無かったので、自分なりに調べた結果、


デスティニーガンダムなどSEED系モビルスーツは
フェイズシフト装甲とよばれる装甲でできており、エネルギー消費により物理攻撃を無効化することが可能。
母艦等への格納時は、機体に電力が供給されていない状態のため、装甲がグレーになるのが特徴で、
この状態をディアクティブモードと呼ぶ


こんな解釈で大丈夫でしょうか?


それではRG デスティニーガンダム ディアクティブモードをご覧ください。
よく見ると、ビームシールド発生装置やバックパックの武器類は本来の色のままです。

RGデスティニーディアクティブモード_1


フェイスシフト展開時と比べて、グレーカラーが渋い印象を与えます。

RGデスティニーディアクティブモード_3


ストライクやジャスティス同様、店頭販売ではなく、
プレミアムバンダイ限定商品になることが予想されるRG デスティニーガンダム ディアクティブモード、
新情報が入り次第、このブログでも取り上げたいと思います。




にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 光の翼 レビュー

RG デスティニーガンダム、光の翼が到着したのでレビューを行いたいと思います。


まずはよかったところから


デスティニーガンダム本体の翼を広げるだけでも十分に迫力があるものの
展開後は上半身に比べて下半身が貧相に見えてしまいバランスが悪いなーと思っていたのですが
光の翼を取り付けると、膝裏まで翼が広がるおかげでキット全体の迫力が増します。


劇中ではCGで光り輝くエフェクトを再現していたのに対して
HGなどはピンクのクリアパーツ成形のため、アニメのような光り方とは違うものでした。
対して光の翼は単なるクリアピンクの成形品ではなく、透明のクリアパーツ(PET素材)に
特殊プリントと、さらにその上から七色のグラデーション加工を施すことにより
CGっぽい色使いを表現しています。


表面も薄い板状のパーツではなく、
エネルギーが放出される様子を表すために波打っているのが特徴的です。
にもかかわらず、翼の厚みは約1mmととても薄く作られているため
厚ぼったさもありませんし、RG デスティニーガンダム本体に取り付けても
重さで垂れ下がってくることもありません。


実はデスティニー本体だけでもだいぶ満足しており、
取り付け後はすぐに外してクローゼットにしまっておこうと考えていたのですが、いざ飾ってみると・・・
か、かっこいい!!
パーツ一つでこれほどまでに存在感が出るとは思いませんでした。

それではレビューをご覧ください。


まずはパッケージから
キット本体とは違い、白黒印刷で味気ないです。

RGデスティニー光の翼パッケージ_1


こちらは裏側

RGデスティニー光の翼パッケージ_2


説明書
1ページ目はアクションベースの組み立て方法。2ページ目は光の翼取付方法

RGデスティニー光の翼説明書


デスティニーガンダム 光の翼とは何なのか?パッケージ裏より

背面のウィングパーツには、特殊なエネルギー変換
(ヴォワチュール・リュミエールと同系列の技術がもちいられているとされる・・・) で得られた光圧を推進力とする新世代の推進器を内蔵。この推進器は超加速を得られるだけでなく、
高出力で稼動された際には、光圧によって「光の翼」が発生する。
これはエネルギーの過剰放出による発光現象とも言うべきもので、デスティニーの特徴とされる。
また高機動時における「残像効果」という副次効果をもたらした。


それでは光の翼を見てみましょう。


こちらは付属のアクションベース2
従来品をクリアパーツに変更したもののため未組み立てです。

光の翼スタンド


よく見ると組み立てに必要なボルト類もクローム処理が施されているため、
組み立てた際に違和感が出ないようになっています。

RGデスティニー光の翼隙間


こちらは光の翼本体
これを見た瞬間、スーパーに売っている鯨ベーコンを想像しました。

RGデスティニー光の翼本体


袋から出したもの。
撮影日は雨が降り若干暗かったのですが窓際に持っていったら
このように美しいグラデーションを確認できました。(黒い厚紙の上において撮影しています)。
右上の突起は左右を区別するためにつけられた印ですので、組み立ての際には切り取ります。

RGデスティニー光の翼本体_2


翼の厚みは約1mmくらい。
ある程度の強度があるため曲げてもすぐに折れることはありませんでした。
いろはすのペットボトルのような質感です。

RGデスティニー光の翼厚み


取り付けやすいよう、バックパックを取り外し
翼と並べてみました。

RGデスティニー光の翼取付前


上部のデコボコした部分を・・・

RGデスティニー光の翼反射


黒いノズル部分に合わせて取り付けます。(正確には添える感じです。)

RGデスティニー光の翼取付場所


これで取付が完了しました。
チョウチョみたいですね。

RGデスティニー光の翼取付完了_1


今度は悪かったところも書いてみたいと思います。


取り付けパーツではない
このパーツは説明書を見ると分かるのですが、本体ウィング部に添えつけるパーツになります。
3枚ある小羽を調節し、外側の大羽で挟み込むためきちんと取り付けないとすぐに外れてしまいまうのと
また、添えられているパーツが故に、横から見ると大きな隙間ができてしまうところも欠点です。


光の翼というけれどあまり光らない
蛍光灯や太陽の光などで七色に輝くことはありますが、普通に飾っているだけではそれほど光る場面が無い。
実際に試してはいないが、太陽の光(紫外線)でパーツの色落ちがありそうなため、
なるべく日光の当たらないところに保管してあります。


値段が高い。
説明書を見ると光の翼だけで片側800円 = 両方で1600円。
なぜそんなに高い?
プレミアムバンダイの送料も高い。
何とかならなかったのか?


RG デスティニーガンダムに取り付けました。正面から
(天気 雨 PM13:00頃撮影)

RGデスティニー光の翼展開正面


リアから

RGデスティニー光の翼展開リア


光の翼展開前

RGデスティニー光の翼展開前


展開後(横幅は約30cm前後になります。)

RGデスティニー光の翼展開後


光の翼を拡大したもの
表面が波打っているのがわかります。

RGデスティニー光の翼上拡大

RGデスティニー光の翼拡大下

RGデスティニー光の翼左

RGデスティニー光の翼左下


完全な取り付けではないため、うまく調整しないとこのように隙間ができてしまいます。

RGデスティニー光の翼隙間


クローゼットでフラッシュを使用して撮影
うまく撮るのって難しい。

RGデスティニー光の翼発光


値段の高さがネックですが、デスティニーガンダムの必須アイテムでもあ光の翼。
ぜひ手に取ってどんなものか確かめてみてください。

ちなみに嫁もきれいでカッコいいといってくれました。


光の翼は以下のプレミアムバンダイから購入できます(限定商品のため購入はお早めに)

RG デスティニーガンダム用 拡張エフェクトユニット“光の翼”


RG デスティニーガンダムの購入は以下のリンクからどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する



にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 製作 完了

今日は残っていたビームライフル・シールド・ビームシールドの作成を行いました。


デスティニーガンダムのビームライフルです。
こちらは本体となる黒いパーツに白いカバーを被せる構造のため、合せ目が出ません。

rgデスティニービームライフル_1


こちらが完成したもの。
設定では黒いボディーのはずですが、このRG デスティニーガンダムのビームライフルは
上部が白になっています。

インパルスガンダム用の改良型でハイパーデュートリオンからの電力供給により
出力と連射性能が大幅にアップしていると説明書に書いてありました。

rgデスティニービームライフル_2


続いてシールドです。
こちらは"対ビームシールド"という名前のとおりビームコーティングが施されており
広範囲を防御できるという特徴を持っているんだとか。

色分けは完璧に見えますが・・・

rgデスティニーシールド_1


シールド左右の小さな三角形の部分はシールで再現することとなります。
このデスティニーガンダムに限らず、シールドの色分けはシールで再現するキットが多いですね。

rgデスティニーシールド_2


スライドさせることができますが、可動まえと殆ど変わらない大きさのため、広範囲を防御できるかは疑問です。

rgデスティニーシールド_3


最後に色々な意見が出ているビームシールド
このように4分割されたシールをパーツの裏側に貼り付けていきます。

rgデスティニービームシールド_1


これで完成です。
シールは粘着力が強いため、しっかり位置決めを行ってから貼り付けないと破ける原因になるため注意が必要。

rgデスティニービームシールド_2

以上、RG デスティニーガンダムの製作日記でした。
最後までご覧いただきありがとうございました。


こちらから完成レポートに移動します。

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 製作 12

デスティニーの本体とバックパックが完成したので武器類の製作を行います。


まずはM2000GM高エネルギー長射程ビーム砲の製作から

上部の黒いフレームパーツに外装を被せて作りますので
合せ目が出ない設計になっています。

このビーム砲に関して説明書を見ると、
ハイパーデュートリオンからのエネルギー供給による大威力と高射程に加え
連射性能にも優れる大型ビームランチャー。
その威力はブラストシルエットを含む既存のMS用ビームランチャーをはるかに凌駕する。
と書いてありました。
ようするに"すごい武器だぜ"ってことですね。


また完成後の写真忘れてる・・・

rgデスティニービーム砲


こちらはアロンダイトビームソード
組み立て方は先ほどのビーム砲とほぼ同じです。

rgデスティニーアロンダイト


これで完成。
これだけ見ると、ガンダムの武装には見えないな〜

アロンダイトって変わった名前の武器だなと思ってしらべたところ
中世ヨーロッパの騎士道物語詩に登場する剣の名前だそうです。


説明書には、ソードシルエットの装備であるエクスカリバーレーザー対艦刀の発展型ともいえる兵器。
ビーム刀と実体刀の双方を有し、デストロイを両断するほどの威力を持つ。
と書いてありました。
ようするにこれも"すごい武器だぜ"ってことですね。

rgデスティニーアロンダイト_1


ちなみにマウント時はこのように折りたたみます。

rgデスティニーアロンダイト_2

続きはまた次回。
ご覧いただきありがとうございました。


RG デスティニーガンダムを購入したくなったら以下のリンクからどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する



にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 製作 11

今日もバックパック製作です。


ガンダムSEED DESTINYの主人公機はデスティニーガンダムだと思っているのですが
この翼のデザインや出撃時によく流れていたBGM「黒い波動」を聞くと
悪役として写るのも納得できます。


大きなウィングパーツに前回作成したパーツを組み込んでいくのですが
バックパックに使用する部品もかなりの数です。

rgデスティニー翼_4


これが内側の羽を組み合わせたものです。

rgデスティニー翼_5


更に外側の大きなウィングを作成します。
ウィング下にはめ込んである黒いパーツはスラスターです。
暗くなってきたので、電気をつけたらこのような写真になってしまいました。

rgデスティニー翼_6


ようやくデスティニーガンダムの羽というのがわかるようになりました。
ちなみにこの大きな羽は合せ目が発生するため、目立たないようにするためには後ハメ加工が必要になります。

rgデスティニー翼_7


これで完成。
MG版と違い、直線を多用したデザインになっています。

rgデスティニー翼_8


バックパックに取り付けて左の羽を展開した状態

rgデスティニー翼_9

続きはまた次回。
ご覧いただきありがとうございました。


RG デスティニーガンダムを購入したくなったら以下のリンクからどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する



にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 製作 10

今日はバックパックとウィングの一部を作りました。


デスティニーの翼はどのような経緯でこのデザインになったのかは定かではありませんが、
デュートリオンと核エンジンのハイブリットであるハイパーデュートリオンの搭載により
光の翼などのビームデバイスを長時間稼動させることが可能になったと説明書に書いてありました。


長時間可動という割にはエネルギー切れを起こすなど、よくわからないところも多いですが。。。。


作成済みのバックパックにカバー?となるパーツをはめ込みます。

RGデスティニーバックパック完成


こちらはできあがったバックパックを上部から見たもの。
モーターボートのエンジンに見えなくもない。

RGデスティニーバックパック上


ここでバックパックは完成したので、翼の製作に入ります。
真ん中の赤い翼は3枚の翼がひとつのパーツとして成型されていました。

翼自体はデスティニーガンダム本体とは対照的に、赤と黒で構成されたデザインになっています。

rgデスティニー翼_1


先ほどのパーツを組み合わせていきます。
デザインの関係ないのか、昆虫のプラモデルを組み立てているような感覚です。

rgデスティニー翼_2


カバーを被せて、内部の翼が完成しました。

rgデスティニー翼_3

続きはまた次回。
ご覧いただきありがとうございました。


RG デスティニーガンダムを購入したくなったら以下のリンクからどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する



にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 製作 9

SEED系はモビルスーツ本体に比べて派手な背負い物が特徴ですが
このデスティニーガンダムも大きな翼が付いています。


まずは翼を取り付けるためのバックパックの製作から。
ここは細かい内部ディテールとパーツの色分けがされています。
背中の目立たない箇所ですが、嬉しい配慮ですね。

RGデスティニーバックパック分解


組み立てるとこのようになります。

RGデスティニーバーニア


続いてバーニア上部のカバーを作ります。
黒いのは接続用パーツ。
これを組み合わせると・・・

RGデスティニーバーニアカバー


ヒサシのようにバーニア上部を覆う形に
ちなみにこのヒサシは上下に動かせます。

RGデスティニーバーニア完成


できあがったバーニア部分をバックパック接続用フレームに取り付けます。

RGデスティニーバックパックフレーム


RG デスティニーガンダムのバックパック部分が完成しました。
MG版のバックパックはバーニアノズルが縦に2つ並んでいたのですが、
こちらはノズルが存在しないんですね。

個人的にはこのままでも十分かっこいいので問題ありませんが、
気になる方は改造してみるのもよいのではないでしょうか。

RGデスティニーバックフレーム2

続きはまた次回。
ご覧いただきありがとうございました。


RG デスティニーガンダムを購入したくなったら以下のリンクからどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する



にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG デスティニーガンダム 製作 8

今日は腕と頭部の製作です


昨日、プレミアムバンダイから光の翼 発送の連絡がきました。
5月発送分だったので、てっきり1日に配送が開始されるのかと思ったんですが
18日開始って遅すぎじゃないのか?
それともプレミアムバンダイはこれがデフォルトなんでしょうか?
取り合えず、商品到着まで気長に待つことにします。


それではデスティニーガンダムの組み立てに戻ります。
本当は手の組み立ても載せるはずだったのですが、写真を撮り忘れたためいきなりこの状態です。

rgデスティニー腕組み立て


できあがった腕を本体に取り付けます。
この状態でも肩を大きく引き出せることを確認できますね。

rgデスティニー腕本体


デスティニーガンダムの顔以外ができあがりました。
写真では白基調に見えるボディーですが、フロント側はグレーのパーツを中心に構成されています。

RGデスティニー顔以外


最後に顔の製作です。
色分けはトサカのグレー、頬の白、クマとアゴの赤、
そしてツインアイなどは、グリーンのシールを透明のクリアパーツの上に貼り再現します。
ブレードアンテナ先端がきちんととがっているのもRGシリーズの特徴。

rgdestiny_43.jpg


土台となるグレーのパーツに各部品をはめ込んでいくと顔のできあがり。
MG版に比べて目が大きく鋭くなっているためハンサムになっています。

rgdestiny_44.jpg


デスティニーの頭部完成
写真ではわかりにくいですが、ヒサシ真ん中に合わせ目があります。

rgdestiny_45.jpg


デスティニーガンダムの本体ができあがりました〜
バックパックが無い状態だと、非常にスマートで格闘専用モビルスーツのようなイメージ。
このままでも十分かっこいいですね。

rgdestiny_46.jpg


こちらはリア

後頭部に合せ目がありますが、段落ちモールドとして処理されているため目立ちません。

rgdestiny_48.jpg

続きはまた次回。
ご覧いただきありがとうございました。


RG デスティニーガンダムを購入したくなったら以下のリンクからどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する



にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | RGデスティニーガンダム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。