ガンプラとブログでストレス発散 > RGGP01
最新記事一覧

RG GP01 レビュー 【完成編】

RG GP01が完成しました。


組立てにかかった時間は、合計約3時間。
RG GP01はリアルスティックデカールの数が少なかったので
デスティニーガンダムなどより短い時間で製作することができました。


組み立ててよかったところ

  • 頭部バルカンなど、細かいところも色分けが完璧
  • 1/144サイズでのコアファイターの収納ギミック再現
  • モールドが多く、スミ入れするだけでとてもカッコよくなる
  • リアルスティックデカールが少ない

脚部と腕はRG ガンダムMK-2とほぼ同じつくりのため、
MK-2を組み立てたことがある方はそれほど違和感無く製作できるかと思います。
ただ、上半身はコアブロック収納があるため専用部品に交換となります。


それでは完成したRG GP01をご覧ください。
今回は、エアブラシ(MX2900)で塗装後、シール貼り、トップコートを吹きました。

RG GP01全体


設定画に比べて、若干マッシブな印象を受けるRG GP01。
各関節もよく動くのでアクションポーズもとりやすいです。

RG GP01上半身


こちらはGP01の下半身
RG ガンダムMK-2同様、アドバンスドモビルスーツジョイントに外装をはめ込んで組み立てます。
膝の赤い部分はシール。

RG GP01下半身


バックパック
上半身に接続されているバックパックカバー内にコアファイターが収納される仕組みになっています。

RG GP01バックパック


足の裏にはニューガンダムと同じように爪が付いてます。

RG GP01足裏


良かったところを書いたので、次は悪いところを書きます。

  • コアブロックシステムの影響で、胴体の強度に問題あり
    壊れるというほどではないですが、
    ドッキング時にパーツがうまくはまらずポロポロ外れるため、ストレスがたまる。
  • 各センサーが透明クリアパーツ。ガンダムMK-2はクリアグリーンだったので同じようにしてほしかった
  • 肩センサーのパーツがはめにくい
    胴体と肩を接続するパーツに隙間を設けて、その間にパーツをはめるのですが、
    パーツがポロポロとはずれてとにかくはめにくい!!
  • 下側コックピットハッチの接続パーツがユルくてはまらなかったので、接着しました
  • シールド接続ジョイントが腕にはまらず、すぐに外れる

こんな感じです。
コアブロックの問題はある程度覚悟していましたが、
組み立てにくい箇所はもう少し工夫がほしかったです。
シールドに関しては、MK-2できちんとできていたのにGP01でなぜできないの?


若干の強度不足は感じますが、
RG GP01自体はとてもカッコいいキットになっています。
不器用な私でも組み立てられましたので、
組み立てにくい箇所も時間をかけてゆっくり作れば問題ありません。

RG GP01


以上でRG GP01のレビューは終わりです。


RG GP01の購入やレビュー確認は以下からどうぞ

楽天市場で確認する Amazonで確認する


RG フルバーニアンの購入やレビュー確認は以下からどうぞ

楽天市場で確認する Amazonで確認する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ







posted by 鉄塔 at 13:31 | Comment(0) | RGGP01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG GP01 レビュー【製作途中】

RG GP01の途中レビューです。


まだ頭部ができあがっていませんが、
上半身、下半身、コアファイターなどを並べてみました。

RG GP01ドッキング前


脚部のフレームについては、足首のパーツがGP01専用になる以外、
RG ガンダムMK-2と同じものを使用しています。
個体差があるかもしれませんが、「すね」と「ふくらはぎ」パーツがうまくはまりませんでしたが、
力を入れずに何度か組みなおしたら取り付けることができました。


コアファイターは、
1/144というサイズながら、GP01本体へのドッキングと変形を実現しています。
よくできているけど、もう少し立体感を持たせたほうがいいのでは?
というのが、組み立てた感想です。


上半身はコックピットの開閉や、コアブロックのドッキング機構などギミックが満載なのですが、
コックピットハッチ下側のカバーを取り付ける際、パーツがうまくはまらずに苦労しました。


続いてコアブロックのドッキング箇所を見てみましょう
上半身はこのようになっています。

RG GP01上半身


最後に、腹部。
この赤いパーツの内側にコアファイターが収納される仕組みになっています。

RG GP01下半身


完成までもう少しです。


RG GP01の購入やレビュー確認は以下からどうぞ

楽天市場で確認する Amazonで確認する


RG フルバーニアンの購入やレビュー確認は以下からどうぞ

楽天市場で確認する Amazonで確認する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ




posted by 鉄塔 at 08:38 | Comment(0) | RGGP01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG GP01レビュー 製作前

RG GPO1を購入しました。


こちらがRG GP01ゼフィランサスのパッケージです。
フルバーニアンも売っていたのですが、シンプルなデザインの地上戦用を購入

RG GP01パッケージ


大きさはRG ガンダムMK-2と同サイズ。
ランナーも9枚と比較的少なめなパーツ数だったので、逆の意味で驚いてしまいました。


RG MK-2と同じアドバンスドジョイントを使用して組み立てますが、
上半身はコアファイターの収納機構があるため、専用部品をはめる構造になります。
(赤丸のフレームは使用しません)

RG GP01フレーム


こんな感じでコアファイターが収納されます(画像クリックでAmazonへ)

RG 1/144 RX-78GP01 ガンダム試作1号機 ゼフィランサス (機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY)


以下はRG GP01の外装パーツをばらしたところ


試作品などはホワイト一色に見えたのですが、
このGP01も今までのRGシリーズ同様、ホワイトとグレーのツートンカラーになっています。
ただ、より白に近いグレーのため今までのキットのような「うるささ」はありません。

RG GP01外装


RGシリーズで一番苦労するであろう「リアルスティックデカール」ですが、
右のZガンダム用と比べると、GP01は数が少なく今までよりも楽に貼れそうです。

RG GP01デカール


今回もアンダーゲートが採用されていますが、
相変わらずグレーなど一部のパーツのみです。
ゲート跡が気になる赤いソール部分は、かなり太いゲートで接続されているため、
ニッパーのみできれいに切り離すのは結構難しいと思いました。


後は塗装、デカール貼りで完成となります。



RG GP01の購入やレビュー確認は以下からどうぞ

楽天市場で確認する Amazonで確認する


RG フルバーニアンの購入やレビュー確認は以下からどうぞ

楽天市場で確認する Amazonで確認する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ




posted by 鉄塔 at 08:16 | Comment(0) | RGGP01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG GP01詳細レビュー

RG GP01の詳細が発表されました。


試作品から大きな変更点はありませんが、
ホビーショーではあまり触れられていなかったコアブロックシステムの詳細と、
RGシリーズの特徴でもある、アドバンスドモビルスーツジョイントの概要もお届けしたいと思います。


まずはRG GP01のパッケージから
ノーマル版、フルバーニアンどちらも同じように見えますが、
シールドの有無とフルバーニアンの顔の角度の違いがあります。

RGGP01パッケージ


RG GP01を正面から
胸部センサーや膝の赤い部分はデカールでの色分けとなりますが色分けは完璧なようですね。
今回はモールドもそれほど無いのと、RGシリーズでお約束だったツートンカラーを廃止し
白一色となった外装はシンプルな印象ですが、嫌味がなくこちらの方が評価できます。

RGGP01正面ポーズ


キット化にあたりRX-78ガンダムの後継機であるという設定を忠実に再現するために
RG版ガンダムのアドヴァンスドモビルスーツジョイントを進化させた
「アドヴァンスドモビルスーツジョイント5」を取り入れているおかげで可動範囲も大幅にアップしている他、
成型色を二色にすることで、より精密感がでているのも確認できます。


このフレームどこかで見たことある。と思った方は鋭いです。
実はこれ、去年発売したRGガンダムMK-2のフレームをベースに、
コアファイターの収納ギミックなどを新たに盛り込み、RG GP01用に再設計されたものなのです。
腕なんか良く見ると、まんまMK-2と同じことがわかります。

RGGP01アドバンスドモビルスーツジョイント5


GP01最大の特徴であるコアブロックシステムは機体中央より前後に折りたたむことにより
水平状態を保ちつつ、モビルスーツ本体へスムーズに収納することに成功しました。
変形だけではなく、バーニアやウィングなどの細かいパーツも動かすことができます。


キャノピーはクリアパーツ製ですが、フレームの色分けはできていないみたいですね。


GP01フルバーニアンのコアファイターは
バックパックとコアファイターの接続部に違いがありますが、ノーマルGP01同様の収納方法を取り入れている他、
バーニアをフレキシブルに稼動させることで、各部への干渉を少なくする工夫が見られます。

RGGP01コアブロックシステムとコアファイター


メイン・サブカメラなどに使用する、おなじみのリアルスティックデカールももちろん付属
肘部分は金属質のデカールに文字がプリントされているようです。

RGGP01リアルスティックデカール



アドヴァンスドモビルスーツジョイント5を使用することにより劇中シーンの再現も可能に!!
ビームサーベルを構えるポーズは旧キットのパッケージで使用されていたような気が・・・・
立膝でビームライフルを撃つポーズを取れるキットは中々無いのでこれは嬉しいですね


フルバーニアンも背中のブースターを自由に動かすことができるため、大胆なポーズも可能なようです

RGGP01可動ポーズ


RGガンダムGP01の精密なディテールを再現したメカニカル詳細
コックピットの開閉はもちろん、二重関節によりスムーズに可動する肘や膝。
バックパックもエンジン部分を持ち上げることで内部構造を楽しむことができます。


フルバーニアンは宇宙での使用を感じさせる背中や肩のバーニア、スラスターノズルなどが特徴です。
また、胸部も地上使用とは異なり専用のパーツとなります。

RGGP01レビュー


発売日は7月31日


RG GP01の価格確認、予約は以下のリンクからどうぞ

楽天市場で予約する Amazonで予約する


RG フルバーニアンの価格確認、予約は以下のリンクからどうぞ

楽天市場で予約する Amazonで予約する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ




posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGGP01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RG GP01 ついに公開される!!

RG GP01は OVA機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの主人公、
コウ・ウラキ(べジータと同じ声)が物語の前半で搭乗するモビルスーツを立体化したキットです。


RX-78-2ガンダム同様、コアブロックシステムを採用しており
RG GP01でもその収納システムは再現されていますが、
PGのようなフルバーニアンへの換装機能は無く別キットでの発売になります。
(換装機能をつけて可動や組み立て難易度に影響がでるよりこっちのほうがいいかもね。)


ゼフィランサス、フルバーニアン どちらもコアファイターの完全変形と収納を再現するために
フレームの収納方法に工夫がみられます。


こちらはの設定画です。

RGガンダムGP01設定画


フルバーニアンのブースターにはオリジナルのモールドが加わっているほか、
アンテナもシャープな造形なのが確認できます。
デザイン画は女性的なふっくらとした印象を受けましたが、
実物はがっしりした男性体型でとてもかっこいいです。
唯一欠点をあげるとすれば、フルバーニアンの足が末広がりではなく、すぼまっているところかな。

RGガンダムGP01


サイドから。
バルカンの発射口も色分けされているのが分かります。

RGガンダムGP01_サイド


別角度から。
GP01ってこんなに凶悪な顔してたっけ?
今回、リアルスティックデカールは少なめな感じですね。

RGガンダムGP01_顔


上半身
ブレードアンテナもシャープでカッコいいです

RGガンダムGP01_アンテナ


下半身
人間の足のようなメリハリのきいたデザインになっています。

RGガンダムGP01_下半身


こちらはフルバーニアン
肩、フロントアーマーもきちんと再現されている他、
胸のVマークも別パーツになっています。

RGガンダムGP01フルバーニアン_サイド


フルバーニアンを別角度から
胸ダクトとバーニアはパーツ差し替えにより再現されます。

RGガンダムGP01_バーニア


シールド裏にはエネルギーパックらしきものが確認できます。

RGガンダムGP01_シールド


シールドの接続方法はRG ガンダムMK-2やストライクガンダムと同様のフレームが使用されています。

RGガンダムGP01_フレーム


GP01のパッケージはこちらの二種類が用意されています。

RGGP01パッケージ


気になるコアファイター収納ギミックはこちら

RGGP01コアファイター

フルバーニアンも同じ構造ですね。

RGコアファイター2


ノーマルGP01のコアファイター
キャノピーはクリアパーツで再現されているのは嬉しいですね。
コウ・ウラキの1/144フィギュアも付属(敬礼バージョン)

RGガンダムGP01コアファイターノーマル


コアファイターを別角度から
横幅が広いというか、肩パットが入ったジャケット着てるみたいなイマイチまとまりが無い印象

RGガンダムGP01_22


フルバーニアンのコアファイターも完全再現
モビルスーツ時の可動フレームが内部に収納されるギミックになっています。

RGガンダムGP01フルバーニアンコアファイター


RGは同作品を3キットずつ発売している経緯がありますので
次はガンダムGP02サイサリスがキット化されるかもしれませんね


装備品の違いでこれだけイメージが変わるキットもなかなかないので
ノーマル、フルバーニアンどちらか買うのもよし
奮発して両方買ってもよしの商品になっています。

発売日は2013年7月31日予定(人気機体のため予約はお早めに!!)


RG ガンダムGP01 の価格確認、予約は以下からどうぞ

楽天市場で予約する Amazonで予約する


RG フルバーニアンの価格確認、予約は以下のリンクからどうぞ

楽天市場で予約する Amazonで予約する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ







posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | RGGP01 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。