ガンプラとブログでストレス発散 > HGUC ガーベラテトラ
最新記事一覧

HGUCガーベラテトラ発売前追加情報

HGUCガーベラテトラの詳細情報が公開されました。


まずはガーベラテトラの開発系譜から。
もともとガンダムGP04として開発される予定だった機体です。
事情により、アナハイムエレクトロニクスがジオン系のデザインで再開発したモビルスーツのため、
ガンダムとは似ても似つかない外観が特徴。


かなりの高性能機らしいのですが、
同じGPシリーズであるガンダムGP03に物語終盤で撃墜されてしまったという悲しい機体です。

HGUCガーベラテトラ概要


キットは装甲の美しい赤色を成型色で再現するのはもちろん、
曲線を多用した女性らしいフォルムや、バーニア内部などの細かいディテールもバッチリ再現。
(前回紹介したHGUCメッサーラも中々の完成度)
背中にひときわ目立つシュツルムブースターも着脱が可能です。

HGUCガーベラテトラ正面


続いて可動に関する情報です。

  • 腰部・腹部が左右に可動
  • 肩パーツは上下に可動
  • 背面のシュツルムーブースターの着脱
  • プロペラントタンクはフレキシブルに可動する

付属品は・・・

  • ビームマシンガン
  • ビームサーベル(クリアイエロー)
  • 表情豊かなハンドパーツ

HGUCガーベラテトラ可動ギミック


比較的良く動きますが、
中でも上半身の可動が優秀なようで、腰をひねってビームマシンガンを構えるポーズも余裕でとれます。


MGギラドーガに同時期発売のHGUCガーベラテトラ
夏休みに作るのにはちょうどいいキットですね。

7月27日発売予定


位置情報HGUCガーベラテトラの予約は以下からどうぞ位置情報

楽天市場へ Amazonへ


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ








posted by 鉄塔 at 07:13 | Comment(0) | HGUC ガーベラテトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HGUCガーベラテトラ詳細情報

HGUC ガーベラテトラの塗装完成品が公開されました。


まずはパッケージから
先日発売したHGUCメッサーラまでは手描きタッチのイラストでしたが
ガーベラテトラはCGっぽい絵柄が特徴です。


女性パイロットが操るモビルスーツといえばキュベレイが有名ですが、
このガーベラテトラの搭乗者も「シーマ・ガラハウ」という女性が操る有名な機体。
どちらのパイロットも強気な性格なのですが、
キュベレイは曲面を多用した美しいデザインなのに対して、
ガーベラテトラは所々に男性のような力強さをもったデザインのモビルスーツになっています


画像クリックでAmazonへ移動
HGUC 1/144 AGX-04 ガーベラ・テトラ (機動戦士ガンダム0083)

以前発売された1/144ガーベラテトラに比べて、全体のプロポーションが見直されており
特に大きすぎた肩部分も、バランスがとれてカッコよくなっているのと
ピンクっぽかった成型色も、より鮮やかな赤に変更されているのが特徴。


最近のHGUCシリーズはプロポーションはよいけれど、可動範囲が狭いキットが多かったのですが、
ガーベラテトラは最新の可動構造を取り入れることで、従来のキットよりも幅広い可動を可能にし
様々なポージングが取れるようになっているようなのでどの程度のものか非常に気になります。


更に従来のモビルスーツを遥かに凌ぐ推進力を得ることが可能になったという
シュツルム・ブースターもセット。
こういう細かいけど原作再現には欠かせないパーツが付属するのも嬉しい配慮ですね。


画像クリックでAmazonへ移動

HGUC 1/144 AGX-04 ガーベラ・テトラ (機動戦士ガンダム0083)


成型色はボディーの赤と、フレームや動力パイプなどに使用するグレーがメイン。
モノアイや武器のセンサー類などはホイルシールでの再現となりますが
もともと複雑な配色ではないため色分けに関してはほぼ完璧だと思います。


シュツルム・ブースターの他に、
ビームマシンガン、ビームサーベル、ホイルシールが付属


最近盛り上がりを見せている0083シリーズ。
原作では無かったGP01とガーベラテトラの対決を実現することも可能です。


7月31日発売予定


位置情報HGUCガーベラテトラの予約は以下からどうぞ位置情報

楽天市場で予約する Amazonで予約する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村              人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | HGUC ガーベラテトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HGUC ガーベラテトラ 発売

HGUC ガーベラテトラがホビーショーで公開されました。


もともとは地球連邦軍がガーベラという名前のモビルスーツとして開発していたのですが、
フルバーニアンと同コンセプトを持つ機体だったため、開発は途中で中止され
その後はアナハイムエレクトロニクスが、引き継ぐ形で完成したのがガーベラテトラです。


前回のガンダム GP-01と同じくガンダム開発計画の中で誕生した機体ですが、
元ジオニック系技術者が開発に関わっていたことからガンダムとは異なるデザインのモビルスーツとなりました。


パイロットはOVA 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY に登場するシーマ・ガラハウ
(クレヨンしんちゃんの風間クンと同じ声)


個人的には、ほうれい線がやたら目立つ人くらいの印象しかありません。(ファンの方すみません)
ちなみに友達は「シーマ様」と言ってました。


以下、装備品

  • ビーム・マシンガン
  • ビーム・サーベル
  • プロペラント・タンク
  • シュツルム・ブースター

HGUC ガーベラテトラ 本体は非常にきれいな赤色でまとめられています。
見た感じ、合わせ目は目立ちません。

HGUCガーベラテトラ_1


劇中に比べ、両肩が盛り上がったデザインに変更されています。
もしかするとバーニアカバーが上下に稼動するのかもしれませんね。

HGUCガーベラテトラ_3


大型のビームライフルも付属。

HGUCガーベラテトラ_2


背中にはバーニアの他、プロペラントタンクも装備されています。

HGUCガーベラテトラ_4


背中にはなにやら長いパーツが付いていますが
これがシュツルム・ブースターでしょうか?

HGUCガーベラテトラ_5


モノアイの再現具合や可動範囲など、不明な点は多いですが
HGUC ガーベラテテトラ発売のおかげで、ガンダム GP-03との対決シーンが再現できますね。
プロポーションは現代風にカッコよくアレンジされていますので気になる方はぜひチェックを!!


7月発売予定


HGUC ガーベラ・テトラを予約は以下からどうぞ

楽天市場で購入する Amazonで購入する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | HGUC ガーベラテトラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。