ガンプラとブログでストレス発散 > エアブラシとコンプレッサー
最新記事一覧

エアテックス コンプレッサー APC-001Rを購入

エアブラシに続きエアテックス コンプレッサー APC-001Rを購入


コンプレッサーも種類がありすぎてどれを選べばよいか分からなかったので、
エアブラシ同様、安いものを手に入れようとあれこれ検索をしたところ、
プチコンプレッサーなるものを発見!!。


これも安くていいな〜
と思ったんですが、私が購入したエアブラシと組み合わせると、
エア圧力不足で塗料が噴射されない可能性があることが判明。


更に調べていると、ネットショップの関連商品に
エアテックス コンプレッサー APC-001Rの名前が!!


定価21,630円が14,436円。
う〜ん。高いけどエア缶だと長時間の作業には向いていないし、
長く使えるものだからこの際買ってしまおう。ということで購入決定。


すると翌日、届きましたよー。
画像クリックでAmazonに移動します。

エアテックス コンプレッサー APC-001R


コンプレッサーというと、重いイメージがあったんですが、
実際に持ってみるととても軽かったことに驚きました。(約3kg)。
持ち手も付いているので簡単に運ぶことができます。


こちらがエアテックス コンプレッサー APC-001R。
本体左からでている渦巻状のホースが付属のエアホース(取り付け済み)
足に付いている吸盤は床に吸い付く感じでグラつくことはありません。

エアテックス コンプレッサー APC-001R全体図


値段の割には高性能のようで、水抜きやドレンカップの洗浄もできます。

ドレンカップ


次に岩田製エアブラシMX2900に接続しようと思ったら・・・
エアホースの径が合わなくて付かないよ・・・


そうです。別メーカー同士の製品を取り付ける場合は、接続ジョイント(約800円位)が必要なんです。
ですが、もう一度ネットで買うのは面倒だしと考えたついたのがホームセンター。


ということでホームセンターに行ったらありましたよ。接続ジョイント。
藤原産業株式会社のRSB-1012 ニップル G1/8 G1/4という商品です。
お値段なんと190円。こちらが断然お得。

DSCN2463.JPG


ついでにエア漏れ防止のシールも購入。お値段50円

漏れ防止シール


自宅にもどり、ホースを繋ぎ準備完了
(真ん中にある金色のパーツが接続ジョイント。白いのはシールです。)

ホース繋ぎ完了

説明書を読みながら以下の手順で作業開始

  1. スイッチON
  2. 圧力計上昇確認
  3. 圧力が0.4mpaになったらモーターが自動的に停止
  4. 圧力調整ハンドルを回して圧力を0.35mpaに調整

これが圧力計です。

エアテックス コンプレッサー APC-001Rレギュレター


こちらが圧力調整つまみ。右に回すと圧力が下がる仕組みです。
調整後は、つまみを下げるとカチッとロックできるためエア圧がくるう事もありません。

調整つまみ


このまま順調に進むかと思ったのですが問題発生。
何故か0.2以上圧力があがらない・・・
赤丸印のエアブラシ側ホースからエア漏れが原因だったため、ホースを中に押し込んだら直りました。

DSCN2458.JPG


この後、圧力も上がり正常に作動することを確認できました。


気になる作動音についてですが、これが驚くほど静かなんです。
私はベランダで調整作業をしたのですが、
網戸を開けた部屋の中にいた嫁も全然気づかないくらいの音でした。
家族や近所に迷惑をかけることも無いのでとってもありがたいです。


最後に気になる点ですが、
別メーカー品でそろえたため、接続部が合わないなどの不具合がでるのが大きなマイナス点です。
しかしホームセンターなどを利用すれば、代用品が手に入る可能性があるので探してみる価値はあります。
何といってもメーカー純正品より安く手に入るためこちらのほうが返ってお得です。


後は塗料を購入して実際に塗装を始めてみたいと思います。


位置情報エアテックス コンプレッサー APC-001Rの詳細は以下からどうぞ位置情報

楽天市場で購入する Amazonで購入する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村       人気ブログランキングへ








posted by 鉄塔 at 07:21 | Comment(0) | エアブラシとコンプレッサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アネスト岩田エアブラシMX2900購入

アネスト岩田製エアブラシMX2900を購入しました。


今まで作ったガンプラは基本素組みで、
気が向いたときにつや消しスプレーを使った簡単フィニッシュ仕上げだったんですが、
これからは塗装にも挑戦してみようということで、購入に至った訳でございます。


エアブラシ未経験の私が、購入時もっとも重要視したのはとにかく安いものを買うということ。
高価な商品を買っても使いこなせなくてはお金の無駄になってしいますが
安いものであれば失敗したときの金銭的ダメージも軽くてすむからです。


高いものでは数万円もするエアブラシですが、Amazonで見つけたのが3,227円(定価4,410円)の
岩田製エアブラシMX2900(ダブルアクション)吸い上げ式

おーこれは安い!!。レビューを見た感じも高評価じゃん!!
ということで早速購入(画像クリックでAmazonへ)

エアブラシ(MX2900)


翌日、銀色に輝くエアブラシが我が家に届きました。
(本体とホースを組み立てた後に写真を撮りました)
商品の中身は

  • エアブラシ本体
  • ホース
  • 空きビン2個
  • 金属製カップ
  • 組み立て用レンチ(無くても組み立てられる)

です。

岩田製エアブラシ2900中身


これを組み立てたのがこちら
エアブラシ本体下にある穴とホースをつないでネジを締めるだけの簡単仕様です。
先端のノズル径は0.4mm。

岩田MX2900エアブラシ


説明書もありますが、見なくても簡単に組み立てることができます。


こちらが組立て後。
左下の空きビン入った塗料を吸い上げて吹き付ける仕組みです。

岩田製エアブラシ2900組立て後


トリガーを下に押すとエアーが出るタイプ。
更に左右に細かく動かすことで塗料の量の調整が可能です。

エアブラシMX2900トリガー拡大

こちらが右に動かした状態
ちなみに左にあるネジを締めこむと、トリガーを固定することができます。

エアブラシMX2900トリガー右


安い割には使いやすそうな商品だなーと思っていたのですが欠点発見。
この写真は金属製カップを上から撮った写真なのですが、カップの底に白いカスのようなものが付着していました。
このままでは塗装できないので掃除が必要です。

エアブラシ2900汚れ


汚れは塗装の大敵ですが、しっかり掃除をすれば取り除くことができますし
付属の空きビンを使用すればまったく問題が無いため気にしないことにしました。



カップの汚れを綿棒できれいに落とし、よし。これで準備完了。
と、トリガーを引いたのですが無反応・・・なぜ?
商品の箱を見たら「コンプレッサーは別売りです」
ってことはコンプレッサーも必要ってことかよ〜。
吸い上げ式っていうのはコンプレッサーが無くても塗料が出るって意味じゃなかったのね。


ということでコンプレッサーも購入することになりましたが、
まだ届いていないのでレビューは後日。


位置情報岩田製エアブラシ(MX2900)の購入は以下のリンクからどうぞ位置情報

楽天市場で購入する Amazonで購入する


にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村       人気ブログランキングへ






posted by 鉄塔 at 07:15 | Comment(0) | エアブラシとコンプレッサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。